ブログ一覧

まずはご相談を(2020.1.21)

 当事務所は、これまで数々の難事件を解決し、たくさんの感謝のお言葉をいただいております。どんな大変な事件でも必ず解決の方法はあると考えております。相談してみたが難しいと言われた、という方もあきらめず、是非一度ご相談いただければと思います。

 例えば、登記名義人の死亡後何十年もの間放置されてきた土地の相続人を探し、30人以上の相続人に対して、交渉のうえ最終的に訴訟を経て、時効取得により登記を得た事件があります。

 同じく、所有者死亡後、長期間放置され、危険な状態になっていた建物(登記が残っておりました。)と借地権を、相続人を探して、建物を撤去して土地を回収できた案件もあります。(その後も同様の事件の依頼を受けております。)

 自分の建物なのに、名義だけの親族から建物からの退去を求められ、何と判決で退去を命じられ、自分の代理人からも見放されてしまった老婦人から、控訴期限ぎりぎりに急遽、依頼を受け、その判決を覆して生涯、居住を可能にした案件は、感動的でした。

 特に難渋した案件としては、株主代表訴訟を提起された元取締役の依頼を受け、この訴えを退けただけでなく、さらに、その株主に対し、不当な代表訴訟を提起したとして、逆に損害賠償請求を提起して勝訴判決を得た事件があります。

 その他現在も、法律的に未解決な労組法の解釈を争う労働事件や、真っ向から国を相手に課税処分の当否を争う税務訴訟や、解除できないとされている契約の解除確認訴訟事件、遺産分割に出頭しない当事者がいても財産処分を進める案件等、極めて難解にして困難な事件を受任し事件処理中の状況にあります。

 最近は、医療過誤訴訟を手掛けることが少なくなりましたが、困難な事件は医療事件に限りません。どのような事件でもよりよい解決をはかるためには困難はつきものです。一見、簡単に勝てるような案件であっても、あえて譲歩することが良い結果を生む場合もあります。勝訴しても控訴等による長期化の恐れもありますし、その後の関係の悪化が新たな問題を生む恐れのある場合もあります。簡単に解決できると言われた時こそ、慎重になるべきと思います。事件になって簡単に解決できるものなど一つもないと思って下さい。

私どもは、こうして苦労して漸く事件を解決できたときに依頼者から感謝のお言葉をいただくことが何よりの慶びなのです。難しい事件はもちろん、簡単と思われた時でも、一度ご相談いただければと思います。

2020年01月21日

最近の事件(2018.1.31)

昨年、依頼を受けた事件があります。病弱の老婦人が肉親から実家からの立ち退きを求められたというものです。一審で何と明け渡しの判決を受けてしまい、途方にくれていた状況で依頼を受けました。この度無事、終身実家に居住することが認められたのですが、非常に感謝され、誇らしい事件である一方で、一審の弁護士にも裁判官にも強い不信の残る事件でもありました。


最近の空き家問題に関連した事件もあります。何十年も先々代の名義のまま、相続人が20数人にもなっていた土地を何とか依頼人の名義とすることができたという事例です。また、借地人が死亡してその承継者が見つからず20年ほども放置されてきたのですが、漸く相続人を探し出して借地契約の解除と建物の撤去ができた事例もあります。いずれも、塩漬けにされてきた不動産を整理できた事例ですが、同様にお悩みの方は、是非一度ご相談いただけますようお勧め致します。

2018年01月31日

借地の問題について(2017.10.3)

前回、更新料についてお話致しました。

しかし、更新については、他にも重要な問題がたくさんあります。

まず更新をしたくない場合、更新拒絶の要件など、正しい方法に注意が必要です。

更新拒絶や、賃貸借契約の中途解約をする場合には正当事由が必要ですが、どのような場合にどのような事由が正当事由となるのか、立退料はどういう場合に、どのくらい必要となるのか、なども問題となります。

これが、転貸借の場合はどうなるのか、サブリースの場合にはどうなるのかなど、派生的な問題も多くあります。

これらの問題については、相手方との関係で実に多くの対応の可能性が生じますので、正に経験が重要な要素となります。賃貸借の関係は継続的な契約であり、信頼関係が必要とされる契約なので、一度関係を壊すような対応をしてしまうと,取り返しの付かない結果となることもあります。重要な事案については是非とも、複数の弁護士に相談されることをおすすめ致します。

2017年10月03日

借地についてご存じですか?(2017.7.7)

最近、建物や土地の賃貸借の事案で、誤解されている方も多いようなので、少しご紹介致します。

例えば、更新料について、更新料は一般的には支払義務がありません。これは判例にもあります。それで、あまり経験のない人は、支払わなくてもいいよと簡単に答えてしまうようです。でもそれは、結果として、借地人側の利益にはならないこともありますので、注意が必要です。確かに、更新料については、そのような慣習もなく、支払う約定もない限り、支払う義務はありません。でも、もし借地権を譲渡しようと考えたときには、地主の承諾を得る必要があるのですが、この承諾が得られないことになる恐れが出てきます。そして、結局、更新料よりも損をすることもあり得るのです。ですから、更新料の請求を受けたときには、是非一度、借地の知識、経験の豊富な当事務所にお気軽にご相談下さい。

安い地代で、更新料もとれず、更新拒絶もできずに不満だらけの地主にとっても、パラダイスのようなチャンスが訪れることがあります。それが正に、借地権の譲渡の時なのです。この際にも、是非とも、借地の知識、経験の豊富な当事務所にお気軽にご相談下さい。

2017年07月07日

忖度(そんたく)(2017.3.22)

最近、ちまたでは、「忖度(そんたく)」という言葉がはやっているようです。

相手の心中をおしはかる、相手の気持ちを慮る(おもんばかる)といった意味のようですが、官僚が、力の強い政治家(もちろん物理的な力ではありません。いろいろな所に影響力を行使できる人脈や金脈を有しているといったことのようです。)を喜ばせよう(取り入ろう)として自分の権限を利用して本分にもとる行為を行うことは、忖度ではないと思います。確かに、その政治家の利益にもなり、結果として官僚が予算を通しやすくなったり、後の人事に役立ったりと、自分の利益も計れる,WIN、WINの関係にも見えますが、何より大切な国民の利益や税金を勝手に費消しているという視点が欠けているのです。それは「忖度」ではなく、癒着というものです。昔の人は正しく「そんたく」をしており、名前にもなっております、「二宮そんたく(尊徳)=二宮金次郎」と。

弁護士:棚 橋 栄 蔵

2017年03月22日

当事務所に新たな仲間が…(2017.2.20)

ゴールデンアカヒレの金ちゃんと銀ちゃんと銅ちゃん

当事務所に新たな仲間が加わりました。
ゴールデンアカヒレの金ちゃんと銀ちゃんと銅ちゃんです。

なぜ名前が金ちゃんと銀ちゃん、銅ちゃんかといいますと、2020年の東京オリンピックまで長生きするようにという願いをこめたからです。

とはいうものの、名前については事務所全員で考えたのですが、「きんちゃん」「あかちゃん」「ひれちゃん」、「ゴールちゃん」「デンちゃん」「あかちゃん」、「ゴール」「デン」「ボンバー」など、センスのある名づけができる者が誰もおらず、なんとかたどり着いた名前なのです。

事務所の受付で今日も元気に泳いでおります。

皆様、宜しくご愛顧のほどお願い申し上げます。

土田

2017年02月20日

明けましておめでとうございます。(2017.1.6)

明けましておめでとうございます。

まだまだ寒い日が続きますね。
皆様よいお正月をお過ごしになられたでしょうか。
当事務所も新たな年を迎え、新たな気持ちで業務を開始致しました。
当事務所はもちろん「LAW」OFFICEですが、事件処理は「LOW」や「老」にならぬように気を付けつつ、本年はにわとりの様にケッコーな年にしていきたいと思います。

どうぞ皆様本年も宜しくお願い申し上げます。

弁護士:棚 橋 栄 蔵

2017年01月06日

「ブログを始めました」(2016.12.20)

弁護士の棚橋栄蔵です。

このたび,ホームページを立ち上げることに併せてブログも始めてみることにしました。

自分が以前書いた旅行記や日常のこと、もちろん、たまに法律のことなどを、備忘録のような形で気楽に書いていきたいと思います。

よろしくお願い申し上げます。

2016年12月20日