借地についてご存じですか?(2017.7.7)

最近、建物や土地の賃貸借の事案で、誤解されている方も多いようなので、少しご紹介致します。

例えば、更新料について、更新料は一般的には支払義務がありません。これは判例にもあります。それで、あまり経験のない人は、支払わなくてもいいよと簡単に答えてしまうようです。でもそれは、結果として、借地人側の利益にはならないこともありますので、注意が必要です。確かに、更新料については、そのような慣習もなく、支払う約定もない限り、支払う義務はありません。でも、もし借地権を譲渡しようと考えたときには、地主の承諾を得る必要があるのですが、この承諾が得られないことになる恐れが出てきます。そして、結局、更新料よりも損をすることもあり得るのです。ですから、更新料の請求を受けたときには、是非一度、借地の知識、経験の豊富な当事務所にお気軽にご相談下さい。

安い地代で、更新料もとれず、更新拒絶もできずに不満だらけの地主にとっても、パラダイスのようなチャンスが訪れることがあります。それが正に、借地権の譲渡の時なのです。この際にも、是非とも、借地の知識、経験の豊富な当事務所にお気軽にご相談下さい。

2017年07月07日